巻物

無我夢中で走る友人と失くしたストラップ

筆を置いた画家、そしてあの頃の夢

「タイフーン」のことの本や論文を書く事になったら、どのようなことを調べる?「サイダー」の成り立ちとかだろうか。それとも、一個人の観点からくる意見かな。

ホーム

喜んで跳ねる先生と観光地

飲み会などの酒のお供に、絶対健康に良い食材を!と考えている。
ここ最近のお気に入りだったのは、焼いた葱。
その前は秋刀魚。
それから、直近では明太子だけれど、少々高めなので断念。
先日新しいレシピを考案した。
パック入りの100円しないくらいのエリンギ。
細かく刻んで、オリーブオイルで炒めて、味の素と醤油を適量使用し整えたもの。
かなりお金は低め、カロリーも低い気がしませんか。

暑い平日の午前はシャワーを
どんなことでも一つの趣味を、ひたすらコツコツ続けているような人に尊敬する。
サーフィンだったり、ピアノだったり、どれだけ小さな習慣でも。
例年通り一度だけでも、学生時代からの友達と、いつもの旅館に泊まる!というような事も良いんじゃないかなと思う。
何でも一つを続けると必ず実用レベルまでたどり着くことがあるだろう。
思い返せば、保育園のころにピアノとバレエなんかを学習していたが、続けていればよかったな。
こう実感するのは、リビングのの角に母に買ってもらったピアノが置かれているから。
今の自分は全然分からないピアノだが、いずれもう一回学習したいとという意思がある。

どんよりした仏滅の夕方は座ったままで

近頃のネイルは、スカルプなど、かなり高い技が使用されているようだ。
多少安くしてくれる招待券をくれたので来店してみた。
私は、柄やデザインに関して、こだわってしまうので、決定するのに時間を要した。
薬指だけ簡単なアートをしていただいて、感動し上機嫌になった。

蒸し暑い月曜の夜に足を伸ばして
業務のためにいくつかスーツに似合うYシャツを所持しているけれど、大体購入するときにかなり試着する。
そこそこ、かたちに執着するのも変わってるかと思っていた。
すると、この前、Yシャツはオーダーでと言っていた方がいたので、驚いた。
けれど、シャツだけでかっこよく見えるのはいいな、と感じた。

雲の無い金曜の昼はカクテルを

ある涼しい日のこと、少年は母親からおつかいをおねがいされ、ハクサイとねぎと豚肉を買いに行く途中であった。
少年は喜んだ。
今日はしゃぶしゃぶだ!わーい!…と。
だが、彼への試練は次の瞬間に起きた。
なんと、ポッケに入れていたおつかい用の2千円が、無いのである!
少年はスーパーの支払い所に並んでいる時、まさかとは思っていたがポッケの中に手を入れて確認してみたのだ。
そしてその時お金が無い事に気が付いたのだ。
怒られるのを覚悟して、少年は何も持たずに家へ向かうことにした。
今後、お金は靴か靴下にしまおう。
少年は空を見上げてそう決意した。

雲が多い祝日の晩に想い出に浸る
少年は夜中の3時に起きてしまった。
夏休みもすでに1週間ほど経った夏のことだった。
暑さと湿気で寝苦しく、寝が浅かったのだろうか。
せんぷうきは部屋の空気を混ぜているだけで、まったくもって涼しくならない。

眠れないし、お腹も減ったので、少年はカレーを作る事にした。
冷蔵庫の中を確認し、野菜と肉を取り出し、炒め、そして煮込んだ。
空が明るくなってきた頃、少年の家からは、スパイシーなカレーのいい香りがしていた。

そよ風の吹く月曜の日没はカクテルを

今日この頃、バラエティで、マクドのナゲットの食感をまねしたレシピというふうに紹介していました。
たいそう似ていると考えて、嫁に作ってもらいましたが、マクドナルドのチキンナゲットの味では残念ながらないけれどうまかったです。
衣がほんの少し固かったのだけれど、中は、チキンといえばチキンなので、私程度では、わずかの違いは何とも思わずめちゃめちゃうまかったです。

暑い火曜の日没は散歩を
暑い時期っぽいことを特別していないが、友人たちと来週、コテージを借りバーベキューをやる。
いつもの恒例だけれど、たまには、息抜きになる。
男のメンバーが少人数なので、とってもたくさん火をおこしたり準備をしないとな。
特に、炭の準備が、女性だと不得意な人が多いので、活躍しないと。
そうは言ってもきっと皆でワインをがぶがぶ飲むその時は、アルコールをほどほどにするように気をつけよう。

無我夢中で歌う弟とあられ雲

友人のチカコは頭がキレる。
頭が良いなーと思わされる。
あまり他者を悪く言ったりはしない。
ん?と思っても、ちょっとでも相手の考えも尊重する。
ということから、考えが膨らむし、強くなるのだ。
考えを貫くよりも、この方がちかこにとって気分がいいのかもしれない。
自分が傷つかなくてすむやり方、悲しい思いをしても糧にするやり方をとても理解している。

気分良くお喋りする友人とアスファルトの匂い
オフィスで着用するスーツを選びに行った。
コムサとかフォーマルなショップも憧れるけれど109も良いと思う。
若々しくてはつらつとした女性服の服屋で体にフィットする製品が多いのが特徴。
金額は店舗によっての違いが出てくるが、大体はお手頃。
そして、スーツを選んでいたが、細身の物が多く売られていた。
着てみると、少しは色っぽく見えるような気がする。
良い感じの服選びが達成できて、すごくうれしかった。

手裏剣


Copyright (C) 2015 筆を置いた画家、そしてあの頃の夢 All Rights Reserved.
巻物の端