巻物

筆を置いた画家、そしてあの頃の夢

「トニックウォーター」のこと好き?嫌い?それぞれ感じ方があるかもだけど、そんなに悪くないんじゃないかな、「牛丼」は。そう感じたりしない?

ホーム

陽気にダンスする彼女と履きつぶした靴

関東でも江戸の頃から賑わっている下町、台東区の浅草。
中でもよく知られている寺が浅草寺。
そこそこここ最近、浅草寺詣でに行った。
久しく向かう台東区浅草詣で。
また、自身の目でちゃんと直視し分かったことは、外国からの旅行客が多いということ。
世界中から旅行客の来る浅草は、ちょっと前よりどう見ても増えた。
おそらく、世界で一番背の高い電波塔、東京スカイツリー完成の関係もあると考えられる。
アジア諸国からは、新東京国際空港のハブ化によってアクセスが良くなったという事から、そして、ヨーロッパの方やアメリカからは、着物や和装小物に憧れて来ている旅行客が多いのだろう。
とにかく、この先も多くの外国人観光客が来るということを予想させられた。
この国の良さをみつけぜひ楽しんで心に残る思い出にしてほしい。
私はというと、仲見世通りを心行くまで散策することができた。
お土産に名物の人形焼と、雷おこしなどをたくさん買って、着物や帯も見せてもらった。
宝蔵門を抜けると、豪華絢爛な本堂が見えてくる。
この瓦屋根はチタン瓦を使って、工事を行ったそう。
本堂の秘仏の観音様に日本の平和を祈りしっかりご参拝してきた。
今年の成果が、これからの未来で表れるといいなと。

勢いで熱弁するあの人と月夜
嫌だったけれど、運動くらい少しは取り組まなくてはとここ最近考える。
働く内容が変わってから、このごろ、体を使った仕事が大変少なくなり、体脂肪がとても増した。
あと、年齢も関係しているかもしれないが、おなかにぶよぶよと脂肪が増えてきて、すごくみっともない。
わずかでも、筋トレしないとまずい。

ノリノリで歌うあいつと電子レンジ

私は前から、素肌がさほど丈夫じゃないので、ちょっとしたことでトラブルが起きる。
それに、ボディーソープの体に残る感覚が好ましくない。
でも、真冬は思いっきり乾燥しまくるので、なるべく余計な薬品が入っていないケア用品を愛用している。
これらの製品のガッカリな部分は、値段がものすごく高いので、なかなか買えないところ。

寒い平日の日没は食事を
最近、明日香と麻衣子と海外旅行に行きました。
2人とも、私の大学の同級生で、同じ時間を共有した仲間です。
しかも、力を入れていたのが旅行業と、観光英語なので、旅行が大好きな学生たちであふれていました。
なかでも、麻衣子と明日香を含む仲のいい6人で世界各国へ宿泊した思い出は大切です。
私は元々それほど仲のいい友人が多くないし、それでそれで良いと考えています。
なので、素直に喜んだけれど、隣で麻衣子が満足そうな顔をしていたのもツボでした。

そよ風の吹く祝日の晩は目を閉じて

きょうは、梅雨が明けて初めて大雨になった。
釣りの約束を父としていたのだが、雷までなっているので、さすがに危なくて行けなかった。
あとで外を見たら、雨がやんだので、できれば行こうということになったのだが、釣りに行く道具の準備を終えて、行ってみたら雨が降ってきた。
雨が止んだことにより来ていた釣り人が、ばたばたと釣りざおなどをなおしていた。
餌を買って準備していたが残念だった。
またの機会にと言って釣り道具をしまった。
明日からは晴れが続くらしい。
なので、次こそ行きたい。

気分良く泳ぐ姉ちゃんと冷たい雨
随分久しぶりの外での仕事の日、初めて業務で同行したAさんは、大きな大先輩だ。
入社時に会話をしてからクールで、業務以外のお話は全然機会がなかった。
その時、何気なくAさんの袖をまくった大柄な腕を拝見して衝撃を受けた!
大きなパワーブレスが何連も目に入ったため。
思わず、パワーストーン大好きなんですね!と話しかけてしまった。くらい。
次の瞬間Aさんは得意げで、しかもやさしい顔で、種類別のストーンの由来紹介してくれた。

どんよりした土曜の夜にビールを

ツアーでも出張でも、韓国に行く機会が多い。
特に、博多港からすぐ行ける釜山。
観光ももちろんだが、女の人は基礎化粧品やネイルなど興味を持っている方も多いと思う。
韓国の人見かけへのこだわり、つまり自分磨きに関しての情熱は強い。
転職や、結婚の際に、日本に比べてあからさまに判断するシチュエーションが多々ある。
という事で、韓国製の化粧品は、肌に良い成分が日本の物より多く含まれている。
なので、自分に合うものを見つけるのは大変かもしれないが使用後は期待してもいいだろう。

騒がしく口笛を吹く友達と草原
季節の中で、梅雨の時期がお気に入りだ。
部屋はじめじめするし、外に出れば濡れるけど。
理由として、子どもの頃、雨の日に見たアジサイが可憐で、以来紫陽花が咲くのを楽しみに待っている。
出島で知り合い付き合い始めた、シーボルトとお瀧さんのあじさい逢瀬を耳にしたことがあるだろうか。
オランダ人に紛れ込んで来日した、ドイツ人のシーボルトが、紫陽花を見ながら「お瀧さんのように綺麗な花だ」と言ったそうだ。
雨に打たれながらけなげに咲くあじさいを見ながら何度も、お瀧さん、お瀧さんと口にした。
しだいに訛って、紫陽花はオタクサと別名を持つようになったらしい。

熱中してダンスする姉妹と冷たい雨

ネットでニュースを毎日見るけど、紙の媒体を読むことも好きだった。
現在は、無料で見れるインターネットニュースが色々あるから、新聞、雑誌はお金がかかりもったいなくて買わなくなってしまった。
ただ、小さなころから読んでいたからか、新聞のほうが短時間で多くの情報を手に入れることができていたけれど、インターネットニュースのほうが関わりのあるニュースをおっていくことが出来るので、深いところまで調べやすい点はある。
一般的な情報から関わりのある深いところを見やすいけれど、受けなさそうな情報も新聞は小さくてものせているから目に入るけれど、ネットの場合自分でそこまでいかなければ目につかない。
近頃では、アメリカ合衆国の債務不履行になるかもという話題が気になる。
債務不履行状態になるわけないと思うけれど、もしそうなったら、他の国も必ず影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

勢いで歌う家族と飛行機雲
OLだったころに、いまいち退職する機会が持てなかった。
かなり辞職したかった訳ではないから。
チームで働く情熱がないのかもしれない。
考えるのが面倒で、その時、ハッキリ今月で辞職すると報告した。
そんな日になぜか、普段かなり気難しいと印象を抱いていたKさんが、気さくに話しかけてきてくれた。
話の中で、まったく気持ちを知るはずもないKさんが「この仕事、大変だけど、だけど君はあと少し続くよ」と言ってきた。
不甲斐なさで泣きそうになった。
そして、その日の帰りに、上司に退職を受理しないようにしてもらった。

手裏剣


Copyright (C) 2015 筆を置いた画家、そしてあの頃の夢 All Rights Reserved.
巻物の端